「水洗顔がニキビに効果的」のここが変!

朝、水洗顔するのは正しいの?

朝、水洗顔をするという方もいらっしゃるかもしれませんが、実は朝は最も老廃物が溜まりやすい時間帯です。人は睡眠中に肌の生まれ変わりが活発になります。なので、睡眠中に古くなった角質や皮脂が溜まりやすくなっているのです。
しかも、毎日洗うわけではない枕には汚れや菌がいっぱいです。そんな枕に一晩中顔を付けているわけですから、朝はしっかりと洗顔しなければいけません。水洗顔だけでは肌の老廃物や汚れ、そして様々な菌を落としきるのは難しいでしょう。

水洗顔では毛穴の奥まできれいにできない!

そもそもニキビができてしまう原因は、毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまうためです。ニキビケアの基本は毛穴に詰まった皮脂や汚れを取り除くことです。水洗顔では毛穴の詰まった皮脂や汚れをきれいに落とすのは難しいです。
確かに必要な皮脂を残すという目的で水洗顔が良いという意見もありますが、最近では余分な皮脂だけを取り除いて、必要な皮脂は残してくれる洗顔料もありますから、そのような洗顔料できちんと洗顔をしたほうが、ニキビケアとしておすすめです。

水洗顔は顔を手で直接触ってしまう!

ニキビ肌の洗顔で大切なことは、できるだけ顔を直接手で触らずに洗顔することです。ところが水洗顔では洗顔料を使わないため、手で直接顔を触って洗う必要が出てきます。ニキビで炎症を起こした肌に触れてしまうことになってしまいます。
ニキビ肌には肌に手が直接当たらないくらい弾力のある泡で優しく泡洗顔をすることが重要です。泡の弾力で汚れをや余分な皮脂だけを落とすように洗顔することがポイントとなります。「ニキビは絶対に触らない」これが鉄則です。

ニキビ肌におすすめの洗顔料とは?

水洗顔がダメだとしたらどんな洗顔料を使えばいいの?という方におすすめしたいのが、どろ豆乳石鹸「どろあわわ」です。

粒子の細かい「マリンシルト」を配合しているので、弾力がありキメ細やかで均一な泡立が可能
⇒ 優しく泡洗顔ができるので、ニキビに触れずに洗顔できる
ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分がたっぷりと配合されている
⇒ 泡に吸着力が出て、毛穴の奥の汚れや皮脂を引っ張り出してくれる
豆乳発酵液がたっぷりと配合されている
⇒ 皮脂バランスを整えてニキビのできにくい肌へ


水洗顔では実現できないニキビケアをしっかりと行ってくれる洗顔石鹸

ニキビには水洗顔ではなく薬用成分配合の肌に優しい洗顔石鹸を!

すでにできてしまったニキビを何とかしたい方に!
すでにニキビができてしまっている場合、毛穴に詰まっている皮脂や汚れをきれいに除去することが、早期改善への近道となります。毛穴の詰まりを解消するには、吸着力に優れた洗顔料を使うことが大切です。水洗顔では毛穴詰まりは解消できないので、洗顔料が必要となってきます。

では、どんな洗顔料が吸着力に優れているのかというと、粘着性のある泥を配合した洗顔料です。吸着力に優れた泥としては、沖縄のくちゃ「マリンシルト」などが有名です。


沖縄のくちゃ「マリンシルト」が配合されている洗顔石鹸

皮脂量を調節してくれる
女性ホルモンと同じ働きをするダイズエキスが配合されているので、過剰な皮脂を抑えることができ、適切な皮脂量に調節することができます。余分な皮脂を抑えてくれるので、ニキビになりにくくなります。
保湿成分がターンオーバーを促進
ヒアルロン酸やコラーゲンが肌のうるおいを保ってくれるので、肌の乾燥を防いでターンオーバーを促進してくれます。天然由来成分なので、自然なターンオーバーの回復を促してくれます。
健康的な肌へ生まれ変わる
肌のうるおいをキープできる黒砂糖エキスが配合されているので、肌を健康な状態へ導くことができます。天然由来成分でニキビの炎症で傷んだ肌を優しくケアすることができます。
肌への優しさにこだわっている
無鉱物油・無香料・無着色料で肌に負担の掛かる成分が配合されていません。ニキビ肌は肌の状態が悪く、刺激を受けやすくなっています。そのようなニキビ肌を優しく泡洗顔することができます。